断るっていうこにきつい感じの字が好きでないので、色んなことを「断われ」ずに過ごしている。ふと気になり語源をあたると『「こと(事)」+「わる(割る)」で、物事の是非・優劣などを分けて判断する、きちんと説明する意味で使われていた。』とあった。

なんか、四聖諦〜諦める〜明らかに観るの流れを感じた。

断ることは悪いことだと勝手に自分を縛っていたなと。

観るは深い。